むすび接骨院は予約優先制です
電話で予約する

【皮膚】皮膚が硬くなるとケガをしやすくなる?粉瘤(アテローム)の症状とは?【浜松・掛川・袋井・磐田・森】【むすび接骨院】

今回は「皮膚」について、また「粉瘤(アテローム)の症状」について解説していきます。

(この記事は、『老後は40代で決まる 接骨院の院長がこっそり教える健康「骨」習慣に収録されています。)


この記事を書いている人

柔道整復師
鈴木 悟(おむすび先生)

経歴
  • 17年のキャリア
  • のべ60,000人以上を施術


むすび接骨院 鈴木 悟 院長 著
『老後は40代で決まる-接骨院の院長がこっそり教える健康「骨」習

【皮膚】皮膚が硬くなるとケガをしやすくなる?

皮膚、爪、髪、脳、脊髄は受精した卵の状態の時には「(がい)胚葉(はいよう)」という場所から作られます。

つまり皮膚と脳の由来は同じ場所から作られたということです。もう一つの脳と言えるかもしれません。

そのため皮膚には感覚受容器も沢山存在し、温度や位置、速さだけではなく光や味覚、その場の雰囲気も感受できるのだそうです。

たしかに、お箸でお寿司を食べるより手で食べた方が美味しく感じますし、周りが楽しい雰囲気だと自分も楽しくなりますよね。

皮膚が、いかに大切な存在かということが分かっていただけたと思います。

また、皮膚が硬くなると体の可動域も狭くなり、ケガをしやすくなってしまいます。そして筋肉同様、血行不良により痛みが出やすい状態となってしまうのです。

これはあくまで私の臨床上の経験値としての話ですが・・・。

皮膚に突発的な痛みを感じた場合、痛みを感じる場所に(ふん)(りゅう)(アテローム)ができてしまっていることがあります。

粉瘤は、皮膚の内側に袋ができ、そこに垢や脂が溜まってしまう症状です。 何度も同じ場所で痛みが出る時は、病院にて処置する方が良いでしょう。

ご相談はお早めに

むすび接骨院では、患者様の症状に合わせたオーダーメイドの施術を提供しています。

お気軽にご相談ください。

むすび接骨院は予約優先制です

タイトルとURLをコピーしました